2008年11月26日

嬉しい時間

DSCN8936.JPG  DSCN8940.JPG

昨日から突然、自由時間が出来たもんちゃん。

今日は窓を開けて心地良い風を感じました晴れ
外に出て、自由に動ける時間は楽しい一時。
ひたすらママにくっついて舐めて触ってもらって・・・

そろそろ時間かな〜と思って湯たんぽを暖めなおして
「もんちゃん」
と名前を呼ぶだけで自分のお家に戻って行きます犬(笑)

なんてお利口さんなんでしょう。

こうして一緒に自由に過ごせる時間があるだけで
ストレスが全然違うんだろな。
何より、私自身のもんちゃんに対する後ろめたさというか…
可哀想という、心配の負の気持ちが和らぎます(vv)


これで、もんちゃんの足が早く良くなったらいう事無いんやけど顔(イヒヒ)

ニックネーム もんまま at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪我・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

49%の子。

前回から1週間後の検診日。
今日はパパが午前休をとってくれて家族で病院に行ってきました(vv)

レントゲンの結果。
融合もだいぶ始まってきていて、完治まであと半分強。
今回のギブスは骨が100%完治してから外すとのコト。

つまり、脱ギブスまで早くても2週間後。
たぶんそれは無理とのことなのでま〜今年度中には取れるかなー(長音記号2)

ギブス装着から2週間たっているけど足を着こうとしないもんちゃん。
先生に言うとやはり、多少は着いたほうが良いとのコト。
体重をかけることは骨の融合を進め、治すのには必要な事。

そこで。。。。
一日5分でも10分でも1時間でも・・・・
サークルから出して、歩かせることに犬(足)

時間はもんちゃん次第。
出しても結局3本足で歩くようなら・・・・意味は無し犬(泣)
走ったり無茶をするようなら・・・これもまた不可犬(泣)
ゆっくり歩いたり立ったりするなら、無理の無い程度に。

通常はこの時期にサークルから出す事はない。
ただ、今回は試しに・・・ということですこしずづやってみることに犬(笑)

我が家では、もんちゃんの突然の動きに備えてリードをつけて出す事にしました。
そして、黎くんのお昼寝の時間。
私がもんちゃんをシッカリ見れる時間。


そんなわけで、もんちゃんのリハビリタイムが今日から作られますカメ
もんちゃん、良かったねグッド(上向き矢印)
一日中ゲージの中でつまらなかったでしょ?
さては・・・計算済みかな顔(イヒヒ)
な〜んてそんなわけ無いよね顔(ペロッ)


先ほど、早速出してあげると嬉しそうなもんちゃん顔(笑)
歩くのはまだ3本足が中心やけど、ゲージの中よりずっと使って立っています。
は〜やく良くなれるんるん
DSCN8893.JPG
頑張れもんちゃ〜んGood

ニックネーム もんまま at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪我・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

一晩あけて。

もんちゃん、ギプスが相当動きにくいようで帰ってから
3時間以上座ったままでした。

今日の診察で先生に伝えると、
今回のギプスは見た目は簡易やけど、前回のものより動きが制約されるそう。
数日すれば慣れるので問題は無いそう。

それでも、もんちゃん。
昨夜は数時間ごとに起きてキュンキュン夜泣き。
痛いのかな・・・?
寂しくて怖かったのかな・・・?

ごめんね。




先生は
「折れてはしまったけど、早期発見で良かったですよ。この子は加減をしらないから、ギプスでしっかり固定したほうが安心して、シッカリ治せます。」と言った。
看護婦さんも
「2回も可哀想ですよね・・・ゆっくり治しましょうね。」と。

私の様子を見て前向きな意見を言ってくれたのでしょう。


確かに、そのまま生活していて折れた骨が皮膚を破ってでてきたら・・・
と思うと本当に、そうなる前で良かった。
手術ではなく、ギプス固定で治る程度で良かった。



本当に治るんだろうか・・・・
不安はあるけど、先生を信じて治療を続けるしかない。

もんちゃん、一緒に頑張ろうね!!
DSCN8139.JPG
「風邪をひいてしまうので暖かくしてあげて下さい。」
といわれたので、早速もんちゃん用の湯たんぽと洋服を装備しました。
ニックネーム もんまま at 11:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 怪我・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再び骨折。

ありえない。






昨日は検診日。
前回の検診でもらった腫れ止めの薬を飲み終わってもまだ腫れてるような…
さらに、曲がっているようにも見える。

先生に伝えてみる。
先生も触診しながら
「曲がってるね〜〜。でも表面の腫れは引いている。中が腫れてるね。一応、レントゲン撮って見ましょう。」と先生。
私は不安で
「折れてるんですか?」と聞くと先生は「折れてはないよ。この子、骨が細いから体重が一気にかかって湾曲してるかも。」
とりあえず、結果を待つことに。



数分後、レントゲンを見ると・・・・折れてました。
ありえない。
悲しすぎる。
可哀想すぎる・・・・

もんちゃん・・・・


先生は、前回の時点では折れてなかったと主張したけど・・・
先生は、プレート除去の時がいつでもこうなったと主張したけど・・・
先生はあくまでもんちゃんのせいにした。


確かにもんちゃんがガリガリしたのが原因だったと思う。
でも、そこまで・・・折れるほどしてなかった。

納得いかない。
腫れてたのは折れてたせいじゃないの??
プレート除去が早かったんじゃないの??
普通折れたところは通常より強い骨になるはず。

先生に対しての不信感が募る。
そして何より、もんちゃんに対して申し訳なくて・・・・
ごめんね。本当にごめんね。
ニックネーム もんまま at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪我・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

うむむむ・・・

今日、もんちゃんの抜糸予定の日でした。

ただもんちゃんの傷口が腫れているように感じていた私。
先生に聞いてみると・・・
「あぁぁ〜。腫れてるね。舐めてる?・・・・無理だよね。」
と、先生。
はい。
エリマキもんちゃんには届きません。
彼にとって傷口を舐めることは絶対に不可能です。
DSCN7670.JPG   DSCN7663.JPG

「内出血してるね〜。」と先生。
私は心の中で、『医療ミスだ。医療ミスだ』とつぶやきました。

内出血がどのようにして起こったのかは定かではありませんが、
ゲージで大人しくしてるもんちゃん。
きっと手術の始末が良くなかったんだ。と勝手に思った私です。

ま〜、そんな大げさなことじゃないんですが注射
お薬を飲めば良くなるとのコト。

傷口も、腫れている部分は融合が出来てなかったので
抜糸も次回に延期です犬(泣)


そんな訳でもんちゃん、もうしばらくエリマキが続きます。
でも、もんちゃんにとってお薬はおやつホネ
だってあま〜い蜂蜜と混ぜてもらえるからです犬(笑)
そこんところは良かったね犬(笑)

ニックネーム もんまま at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪我・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする