2011年04月15日

かかりつけ医

ベネに来てもう5か月。

日本の出国時にいつでも帰国できるように…と
狂犬病の抗体価検査と、チップは埋めてきた。
抗体価検査の結果の有効期限は2年。

でも、狂犬病の予防接種の有効期限は1年。
という訳で、前回(日本での)狂犬病の予防接種から1年以内に必ず追加で接種しておかないと、抗体価検査の有効期限もその時点で切れてしまう顔(なに〜)

慣れない国で、初めての予防接種。
有効期限は5月中旬やけど、余裕を持って長期休暇に入るセマナサンタ(キリストの復活祭)前に受けることに。

海外で初の獣医さん。
そもそも、ペットホテルを探していてここを発見!

ベネ人と結婚された方に聞いたり、家庭教師の先生に聞いたりして幾つか当たって、やっといい場所に巡り合えた顔(笑)

ホテルやけど獣医も常駐していて、毎日お散歩もしてくれる〜。
ゲージがどんな感じなのか、実際にもんじが寝る場所はどんななのかはわからないけど・・

この国のお金持ちたちは、ペットを飼うのは普通で、更に休暇となれば
ガッツリ海外旅行に行くのが一般的。
そんな国やから、ホテルも信頼できるはず・・・と信じてるんやけど。

もんじは、日本でもホテルに預けた経験は2回だけやし、かなり不安ではある顔(泣)


でもここでは更に一番重要な、抗体価検査(アメリカに血を送る)や、
政府のエンボス手続き可能と聞いて
速攻でここをもんじのかかりつけ医&ホテルとして決定〜顔(笑)

こんな国。
実際に、ちゃんとこれらの手続きをちゃんとしてくれるかは未だ疑問。
でも、信じるしかないっっ。
何としてもやってもらわないと、もんじは日本に帰れなくなる顔(なに〜)

信じています。
      20110314b.jpg
とある午後。塗り絵で遊ぶレイゴンとメイドさん。と、遊んでほしいもんちゃん

【もんちゃん海外への最新記事】
ニックネーム もんまま at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | もんちゃん海外へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2628972

この記事へのトラックバック